使い捨てレンズ、頻回交換レンズ 快適にお使いいただくために

 レンズ装用の前に

1.爪が伸びている場合は短く、角がないように切ってください。爪が伸びていると、レンズを傷つける場合があります。

2.手指を石鹸できれいに洗って十分にすすぎ、洗った後は水分が残らないように注意してください。

3.化粧品のレンズへの付着を防ぐために、お化粧はレンズの装用後に行ってください。index_img_001

 手指を介して化粧品がレンズに付着すると、さまざまなトラブルを引き起こす原因となります。

 お化粧をされる場合は、レンズを装着した後に行ってください。

 また、マスカラやアイライナーなどのアイメイクが目に入らないようにご注意ください。

 お化粧のクレンジング剤が目に入ると、レンズの付着物の原因となる可能性があるため、お化粧落としはレンズをはずした後に行ってください。

 

開封前のレンズの確認

ブリスターパッケージ上の度数を確認して、左右取り違いのないようにご注意ください。

ブリスターを軽く振って、ブリスターパッケージ内でレンズが保存液中に入っているかご確認ください。

レンズの外観上に、変形、変色、異物・汚れの付着、キズ、破損などの異常がないこともお確かめください。異常があった場合はご使用をお避けください。

 

開封後のレンズの確認

レンズを取り出したら指の上に乗せ、レンズ上のマークやレンズの形状で表裏を確認し、レンズに欠けや破れ、変形等の異常がないことも確認してください。

レンズに異常があった場合は装用しないでください。

 

守っていただきたい4つのルール

      ➀眼科医の検査・処方を受けましょう。にゃんこ先生5

      ②正しい装用方法を守りましょう。

        決められた期間内に交換しましょう。

        一日の装用時間を守りましょう。

      ③定期的に目の検査を受けましょう。

      ④適切なレンズケアを行いましょう。(ケアの必要なレンズの場合)